100%農家!くぢら通信

100%農家!くぢら店長の日記とメモ帳、そして好きなこと・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

農機具屋だけど野菜ソムリエ・・・まだまだ努力不足です。

そういえばつい最近山形で第2期の野菜ソムリエ(ジュニアベジタブル&フルーツマイスター)の講習会が行われたらしい。僕が受けたのは去年の冬。第一期生として辛うじて合格しました。あの時試験が終わった後「追試はいつありますか?」なんて聞きにいったぐらいだからまさか合格するとは思っていなかった。ホントラッキーでした♪

そもそも野菜ソムリエ(ジュニアベジタブル&フルーツマイスター)とは何ぞや?
ちょっと説明しますと野菜ソムリエは3段階のランクがありまして、僕が合格したのは第一歩のジュニアベジタブル&フルーツマイスターというもの。これは初歩なのでまず「自分の為に野菜の知識を深める」ための資格です。

僕が講習に行った時は青果卸業の方、主婦の方、これから農家になろうという若い方が受けていました。さすがに農機具屋さんはいなかったなぁ・・・。

なんで受けたかというと・・・農機具を売っていても栽培に関する道具には詳しくなっても野菜の知識は中々身に付かないからです。今まで農機具を売っていても最終的にどう出荷されるのかなんて全然わからなかったんですよ。よく農家さんとは話するけど状況を把握できないことも多々ありました。でも資格を取得してからだいぶ変わってより親身に話をすることができるようになりました♪さらには自分で食べたいものを作りたいなんて考えたり・・・時間がないけど。とにかく変わった!

ところで最近農家さんがこの資格を取得したいと考えている方が多いのはご存知ですか?
特に産直をしてる方や栽培法にこだわりのある方は特に思うそうです。
というのも今まではただ作って出荷するという方法が多かったのですがこれからは農業も一つの会社として考え確実な利益を出さなければいけません。そのためにこういったプラスとなる「資格」、「認定」を農家さんががんばって取得するわけです。大変なことだけど世の中「食」に関してとても関心が高いのでこの流れは強くなるでしょう。

自分の野菜ソムリエの活動はというと・・・
山形のコミュニティーにあまり参加できてません。
仕事で時間が取れないという言い訳もあるけどもっと交流を深めないと感じております。
せっかく取得したんだから!
今度の会合参加しようかなぁ。
スポンサーサイト

| 100%農家!くぢら | 23:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

農家に囲まれていて、「地元の食」と「食の資格」に興味を持つ事は当然ですよね! 私も何を今更と思いながらも挑戦しています。今度、遊びに行ってもいいですか?

| NORIくんちゃん | 2008/10/10 11:11 | URL | ≫ EDIT

>NORIくんちゃんさん
お近くに住んでいらっしゃるんですね。日中は配達に出かけていますので夕方前ぐらいなら会社にいます。いつでも遊びに来てください。
資格への挑戦はとても良いことだと思います。資格取得後は意識が高まりますし、何より自分がしたいことの視野が広がります。そして自分のしている農業がもっと楽しくなります♪
いつでもご連絡ください。

| ヤノメ@くぢら | 2008/10/10 17:58 | URL | ≫ EDIT

野菜ソムリエって、何ですか?
例えば、野菜を食べてこの野菜は有機栽培です。
って、味をわかる人なんですか?
野菜の味を栽培方法で変えられたりするの人?

野菜本来の味を生かせば、旬のお野菜をいちばん美味しくいただける調理が出来るし。
野菜作りとお料理大好きな私はとても興味深々な日記です。

野菜ソムリエと、フードコーディネーターが一緒に仕事したら
食べるべき時に、一番美味しい食べ方提案出来るって事かな?

野菜ソムリエ初めて聞いたので不思議がいっぱいです。

| | 2008/10/13 21:38 | URL | ≫ EDIT

野菜ソムリエについて

僕は初歩のジュニアベジタブル&フルーツマイスターというレベルですので全てを語れる訳ではないのですが、上のレベルにはマイスター、シニアマイスターというレベルがあります。

このレベルになると資格は周囲に果物、野菜の魅力を周囲に伝えることが出来るというレベルです。「ソムリエ」という言葉では味がわかる人と簡単に考えてしまいがちですが、食べて見極めるというよりは野菜の旬、栄養素、流通、生産地、調理法までわかりやすく伝え提案するという立場のほうが強いと思います。

僕の考えではこれを「農家さん」が取得した場合、より的確に伝えられるのではないかと思います。生産から流通、そして料理法の提案まで一環して説明できますからね。

なにより生産者である農家さんの言葉は一番伝わりますからね。

| ヤノメ@くぢら | 2008/10/13 23:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kudiralabel.blog31.fc2.com/tb.php/88-23bfa659

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。